プロフィール

木村美月

Author:木村美月
8月21日生まれ
ワンダー・プロダクション所属
クロムモリブデン 劇団員


ツイッターやってます。
@kimuramizuki


最近の記事


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エミさんのことを書きたい。





エミさんは、私の演劇界の母です。
MOTHERに私は17歳に時に入りました。
その時は自分が役者になりたいと思うなんて想像もしていませんでした。
大人たちがきらきらして、面白い事をやっているのに、
ちょっとだけよせて欲しかったんです。
そんな状態の17歳の私をエミさんは根気強く、
暖かく厳しく優しく育ててくれました。
今思い出すとぞっとするような物知らずでした、私。
高校生だった私にとって初めての大人の世界でした。
そこで11年、エミさんと一緒に過ごしました。





エミさんと一緒に舞台に立てるのが嬉しかったです。
ダンスも好きでした。
芝居の稽古よりまずダンスに夢中になりました。
ダンスの曲が流れると、松組のメンバーはずーっと踊っていました。





芝居は最初とても恥ずかしかったです。
何も出来ないことが恥ずかしかったんです。
芝居が楽しくなった頃、エミさんと同じシーンだと安心しました。
私が、全力でどこに行くか分からないような球を投げても、
エミさんはちゃんと受けてくれて、
ちゃんと次は正しく投げられるようにやさしいところに投げかえしてくれました。
その頃はあまり分かっていませんでしたが、
今思い出すと、なんて大変の思いをして、
私を舞台に上げてくれはったんだろうと泣けてきます。





エミさんとの思い出を書きたいと思っているのに、
思い出はどんどんよみがえってきて、
書きたいことはたくさんあるのに、
そのことを伝えたいのはエミさんにです。
まずエミさんに伝えたいです。
ブログに書く、読んでくださる方に伝わるように書く、
そうする前にめそめそしてしまうんです。





エミさんは亡くなりました。
お別れもちゃんとしてきました。
久しぶりにエミさんの近くで、
昔のように松組のちびっ子として過ごしました。
ちゃんとお別れしてきたのに、
あれからエミさんとしたい思い出話ばかり浮かんできます。





エミさんとの思い出をブログに書くことが出来なくてごめんなさい。
エミさんとの思い出を独り占めしてごめんなさい。





エミさんとの思い出はうまく書けないのですが、
エミさんに言われて実行したことを一つ書きます。




エミさんは、絶対乳がん検診に行きなさいと言いました。
で、触診とマンモと超音波を絶対やりなさいと言いました。
どれかだけでも、どれか抜かしてもあかんと言いました。





いつ行ったらいいか分からないし、
どこに行ったらいいかも分からないし、
痛いって聞くし、
高そうやし、
と思っていましたが、検診を受けました。
これからも受けます。




あと、去年の夏、
それがエミさんと最後にあった思い出になってしまうのですが、
その時も一つエミさんに言われました。
今、私はそれを実行するために努めています。
エミさんに報告できるように、
いつになるか分からないけど、
「もー、きーむー。」とエミさんをがっかりさせないように、
一生懸命やります。





しばらくめそめそしていると思います。
でもエミさんに「もー!きーむー!!」と怒られないように、
エミさんにいつまでも笑ってもらえるように、
せっかくいろんなことから解放されたエミさんに心配かけないように、
少しずつ頑張ります。





エミさん、ありがとうございます。

コメント

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kimuramizuki.blog109.fc2.com/tb.php/1625-5b69dffb

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。